教育施設製品 総合カタログ vol.50
304/488

NISHIO EDUCATIONAL EQUIPMENT302普通教室・特別支援教室構成:教員1名+生徒40名モデルプラン 学習シーンに適したレイアウトレクチャー形式ディスカッション形式グループ形式プレゼンテーション形式先生に向かって机を配置し、授業を行います。2つのグループに分けて議論する授業を行います。グループで課題に取り組む授業を行います。机を端によせて教室全体を使用します。積極的な学習ラーニングピラミッド講義人に教える自ら体験するグループ討論デモンストレーション視聴覚読書●「アクティブ・ラーニング」から「主体的・対話的で深い学び」へ「主体的・対話的で深い学び」の目的は、こどもたちが生涯に わたり能動的(アクティブ)に学び続けるようにすることです。こどもたちが学習内容を深く理解し、必要な資質と能力を身に付けられるよう、学びの質を向上させるため、授業の進め方を改善していくことが求められています。 右図のラーニングピラミッドは授業で学んだ知識を、半年後にどれだけ定着しているかを想定したものです。授業で講義を聞くだけではなく、グループ討論や人に教える 学習方法を取り入れることでより深い学びへと発展していきます。 そのためにも、学習シーンに応じて自由にレイアウトできる、 教室づくりが必要とされています。classroom , special support class普通教室・特別支援教室 — モデルプラン

元のページ  ../index.html#304

このブックを見る