教育施設製品 総合カタログ vol.50
12/488

国際交流が進む中で、日本の伝統文化を再評価する動きが高まっています。日本では長い歴史の中で、自然素材を使用した独自の伝統色が数多く生まれ、日本文化を彩ってきました。この自然素材を使用して生まれてきたやさしい色彩を用いて「学校」を彩ることで、こどもたちの学校生活がより快適になってほしいとの想いから、日本の伝統色を探求しました。日本の伝統色この国に生まれた色彩をこどもたちの学びの空間へ。西尾家具工芸社の探求壱白しろ今いまよういろ様色紅べにいろ色日本の伝統色の中で、最も古い色名のひとつ。白は神聖かつ清浄無垢な色として位置づけられており、神事にかかせない色です。清潔な印象を与える白色は、頭をすっきりさせ、気分を一新させる効果があります。今様とは「今流行の」という意味。この「今」とは平安時代のことを指し、当時大流行したとされる紅花染めの中でも淡い赤い色です。温かく包み込んでくれるピンク色は、幸福感をもたらし、優しい気持ちにさせてくれます。紅花で染めた鮮やかな赤い色。華やかさと気品を兼ね備えた紅色は大変高価なものとされ、古くから多くの人に愛されてきました。強いエネルギーをもたらす赤色は、挑戦する活力を促します。また、熱した果実を連想させ、食欲を刺激し、食べ物をおいしくみせる効果があります。ECO-751ECO-752ECO-75310NISHIO EDUCATIONAL EQUIPMENT10

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る